アドバンス研修

アドバンス研修


専門者としてさらに学びを深めたい人のための
アドバンスコース】&【プライマリー復習コース】

●対象者
全日程プライマリーコースを修了した方、または次年度修了予定の方(ただし、アドバンスで不明点があってもプライマリーで未修了部分については補足できません。プライマリーの内容を理解していることを前提に進めます)。
上記の方であれば、アドバンスコースを一日から受けることができます。プライマリー復習コースは、本年度プライマリーと同会場ですので、お受けできる人数に限りがあります。早めのお申し込みをお願いいたします。

●日独小児靴学研究会・認定小児靴カウンセラー
アドバンスコースの内の以下の単元を三年以内に必要単位以上受講完了し、かつ各単元毎の修了試験に合格した方を、小児靴カウンセラーとして認定いたします。
・機能解剖学(必修) 12単位+修了試験
・カウンセリングと適合技術(必修) 12単位+修了試験
・整形靴理論と技術(選択A) 12単位(技術経験者とみなされた場合8単位)+修了試験
・対外活動講習(選択B) 12単位+修了試験または学会発表

(選択A)機能解剖学+修了試験 → カウンセリングと適合技術+修了試験 → 整形靴理論と技術+修了試験 → 認定
(選択B)機能解剖学+修了試験 → カウンセリングと適合技術+修了試験 → 対外活動講習+修了試験または学会発表 → 認定

(選択A)か(選択B)のどちらか一択受講だけではなく、整形靴理論と技術を習得しながら対外活動もされたい方など、取得期限三年を使ってすべての単元を受講していただくことも可能です。確かな技能習得を目指し、ご自身のキャリアアップにぜひお役立てください。

アドバンスプログラム/単位一覧
(別ウィンドウPDF)




アドバンスコース単元


[特別セミナー]臨床現場見学・講義・フットケア実習
講師 塩之谷香
10,000円/2時間半

5月21日 (日) 9:30-12:00
豊橋/塩之谷整形外科病院 

第二期プライマリーから小児フットケアの単元が加わりました。一期にはなかったため、特別セミナーです。
臨床現場見学(塩之谷整形外科病院)、爪の講義、マチワイヤ実習などを行います。

機能解剖学 I II III
I,II,III セット受講推奨 認定の場合は必修・一日4単位 全12単位
講師 島村雅徳
アシスタント 伊藤笑子
25,000円/1日

I 5月7日 (日) 10:00-17:00
京都/北文化会館

II 6月14日 (水) 10:00-17:00
京都/ハートピア京都

III 7月31日 (月) 10:00-17:00
京都/ハートピア京都

体表解剖実習を取り入れながら、基礎運動学も含めた関節や筋の機能、動きについてしっかり学んでいただく講習。
ヒトの身体や運動について、単に骨や筋肉の名前や筋肉の起始・停止を覚えただけでは現場では活かせません。骨・関節・靭帯・筋肉がどのように関連しあってその運動をもたらしているのか ?  島村雅徳先生、伊藤笑子先生が推奨する参考図書をテキストとして皆さんにご用意していただき、PPTも加えた講義と体表解剖実習を取り入れて学んでいきます。
歩行分析を習得するためにも、解剖学を機能として捉えられるよう、ぜひ受講をおすすめします。

[講習計画]
1.導入①機能解剖学とは何か。ヒトの運動の特徴とは何か、運動の特徴を理解するための2つの視点、講義全体の流れについて
2.導入②復習(解剖学基本用語、運動の基本用語、骨名、筋名の復習。関節の構造と機能、力とトルク、てこなどの基本を解説)
3.股関節①(股関節を構成する骨、股関節の構造、靭帯と立位の維持)
4.股関節②(股関節周囲の筋、股関節の運動方向と可動域、歩行との関連)
5.膝関節①(膝関節を構成する骨、膝関節の構造、靭帯と立位の維持)
6.膝関節②(膝関節周囲の筋、膝関節の運動方向と可動域、歩行との関連)
7.足部の関節①距腿関節(距腿関節の構造、構成する骨など)
8.足部の関節②距腿関節(足関節周囲の筋、足関節の運動方向など)
9.足部の関節③距骨下関節(関節軸と運動、運動を起こす筋、歩行との関連)
10.足部の関節④横足根関節と足趾の関節(関節軸、距骨下関節との関連、バイオメカニクス、足趾の運動と巻き上げ機構、歩行との関連など)
11.まとめ(これまでの講義の総合とまとめ)
12.終講試験

 

カウンセリングと適合技術 I II III
I,II,III セット受講推奨 
認定の場合は必修・一日4単位 全12単位+修了試験
単日受講可能

講師 伊藤笑子

25,000円/1日

I 5月8日 (月) 10:00-17:00
京都/フラウプラッツ
I 6月24日 (土) 10:00-17:00
東京/調整中

II 7月30日 (日) 10:00-17:00
京都/ハートピア京都
II 8月8日 (火) 10:00-17:00
東京/調整中

III 10月26日 (木) 10:00-17:00
京都/ハートピア京都
III 12月16日 (土) 10:00-17:00
東京/調整中

相談者対応のフローとカウンセリング・シューフィッティングの実践版講習。
専門者として小児の足と歩行の相談について判断を加え、アドバイスするためには、医学的知識・理論的思考・情報収集力・説明力などを要したカウンセリングテクニックも欠かせません。また、メーカーサイドの靴情報だけではなく、木型、素材、構造を知り、客観的な機能的選択が重要です。
靴販売現場はもちろん、販売を伴わない医療現場や相談業務をされている方々にも「足・歩行・靴の適合」を見極め、的確なアドバイスができるスキルを身につけていただければと思います。

1. カウンセリング・シューフィッテングのフロー
2. 主訴・ヒアリング・問題の整理・検討・提案・クロージング
3. 足部の評価とシューフィッテングの評価
4. 足部と歩行に問題を抱えるケースの検討・アドバイス・クロージング
5. 様々なケースの対応と他職種連携

I.II.IIIと積み上げ式ですが、単日受講でも個々の課題について解決できるよう、ロールブレイングやグループセッションなどを取り入れた「アクティブ・ラーニング」によって、受講者のスキルアップをサポートします。

 

整形靴理論と技術 I II III
I,II,III セット受講推奨 認定の場合は選択・一日4単位 全12単位 (ただし技術経験者とみなされた場合は8単位) +修了試験
講師 べーレ・ルッツ
40,000円/1日

I 7月16日 (日) 10:00-17:00
II 9月18日 (月/祝) 10:00-17:00
III 11月4日 (土) 10:00-17:00
神戸/オーエスエム・ヘルプスト工房 

ドイツ整形的調整インソール=アインラーゲンの製作実習と足と靴の相関を学ぶ講習。
島村雅徳先生訳の「整形靴と足部疾患」を参考図書にPPTでも補足し、自分の足を題材に「足・インソール・靴」の相関を学ぶ実習重視の講習です。接着剤などはトルエンフリー・メチルエチルケトンなどの化学溶剤は含まないドイツの接着剤を使用します。マテリアル全てドイツ製の予定です。

対外活動講習(セミナー講師養成・学術発表指導)
I〜VIII より3回以上の受講推奨 認定の場合は選択・一日4単位 12単位以上+修了試験または学会発表
単日受講可能

講師 塩之谷香(学術発表指導)

講師 伊藤笑子(セミナー講師研修・学術発表指導)
講師 調整中
25,000円/1日

I 4月11日 (火) 10:00-17:00
東京/調整中
II 4月25日 (火) 10:00-17:00

京都/調整中

III 6月16日 (金) 10:00-17:00
京都/ハートピア京都 (午後より塩之谷 香先生)
IV 8月5日 (土) 10:00-17:00
東京/調整中
V 9月10日 (日) 10:00-17:00
京都/京都事務所 (午後より塩之谷 香先生)

VI 10月10日 (火) 10:00-17:00
東京/調整中

VII 1月21日 (日) 10:00-17:00
東京/調整中

VIII 2月4日 (日) 10:00-17:00
京都/調整中

関連記事の執筆、セミナー活動から学会発表まで広くカバーする講習。
様々な発信をする際に欠かせないエビデンス(科学的根拠)を伴った情報とは ? を学び、内容の精査、PPTや原稿作成のコツ、参考文献の示し方、メディア・情報リテラシーを身につけ、セミナー講師として不可欠な知識を習得していただきます。
また、学会発表や論文にして学術的に示すことは、個人の講演レベルをより信頼度の高い見識として発信できるようになる重要なスキルです。ぜひこの講習に参加して、ひとりでは解決することが難しい課題について、受講者・講師陣と意見交換をしながら、総合的な対外活動ができるスキルを身につけていただければと思います。

継続参加されることで「アクティブ・ラーニング」効果が増しますので、受講者のスキルアップが望めます。単日受講でも個々の課題について解決できるようにいたします。

プライマリー復習受講
単日受講可能
講師 常任講師・ゲスト講師
20,000円/1日

スケジュールと会場(別ウィンドウPDF)

プライマリーを修了された方向けの復習コース。
会員なら一日単位で何度でも受講できます。一度では消化しきれていない単元も繰り返し受講することで、よりしっかり落とし込めます。また質疑応答の時間を活用し、一期のプライマリー受講中には聞けなかったこと、その後、各々の職場で発生した課題について解決策を講じることができます。



PAGE TOP