ブログ

朝日新聞デジタルでも取り上げられました

【“正解”が確立されていない小児靴の専門家を育成】

子どもの運動不足や、「真っすぐ立てない、長く歩けない」といった体力の低下が指摘され、浮き指や扁平足といった問題や姿勢の悪さが深刻化しています。幼 稚園や学校などの指定靴、スポーツの現場を通して、多くの足のトラブルが発生し、足や歩き方、靴の相談先がわからない、といった保護者が数多くいます。

正しい見識やガイドラインが確立されていない、浮き指や扁平足といった子どもの“足”の問題に対して体系的に学ぶシステムの整備、専門者の育成を目的に設立され、2016年2月11日に渋谷区の外苑前アイランドスタジオにて「公開セミナー」が開催されます。

朝日新聞ロゴhttp://www.asahi.com/and_M/information/pressrelease/CATP201687747.html

 

【小児靴学公開セミナー】

日時:2016年2月11日(木/祝)

開場9:30 セミナー10:00〜16:00

◉会場:外苑前アイランドスタジオ

◉講師:
・塩之谷 香(整形外科医)
『不適切な靴による成長期の下肢トラブル』

・ベーレ ルッツ(ドイツ整形外科靴マイスター)
『OSM整形靴マイスターの日独における小児足靴に関しての見解と30年に渡る経験・症例を語る』

・伊藤 笑子(マスターシューアドバイザー)
『日本の子ども靴専門店の実態と役割ー販売職とアドバイザーの多様性ー』

・吉村眞由美(靴教育学者)
『子どものための靴教育・シューエデュケーション®』

・通訳及びプレゼンター:ベーレ 操
『ドイツの小児靴文化ードイツ小児靴教育の過去現在、それを支える職業連携と歴史ー』

◉参加費:お一人 税込20,000円(ランチ・ドリンク付)

◉定員:50名

◉終了後、17:00より2時間、懇親会を予定しています(参加費別途) 参加希望者は、フォームに参加不参加をご記載下さい。

【特典】
本「小児靴学公開セミナー」を受講された方は、日独小児靴学研修プライマリー全日程コース(1年・9回・全67時間)を受講されるための本会入会金2万円は免除となります。

【お申込方法】
ご参加希望の方は、日独小児靴学研究会のホームページの公開セミナー応募フォームからお申し込みください。

申し込み後、受付確認メールにて、参加費事前振込のご案内をお送りします。どうぞよろしくお願いいたします。


 

関連記事

  1. はじめまして。ジャグスです。
  2. 日独小児靴学研究会 第一期プライマリー研修修了しました!
  3. 2017年度小児靴学研修プライマリー全日程コースのご紹介
  4. 2017年度プライマリー日程。サイトリニューアル。
  5. 小児靴学研修・よくあるご質問・その3
  6. プライマリー全日程コース・事務手続きのお願い
  7. 本日より、2017年プライマリーの募集開始いたします!
  8. プライマリーを終えて /1 期生の声

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP