ブログ

日独小児靴学研究会・講師紹介・その3

日独小児靴学研究会にご関心いただき、ありがとうございます!
当会の講師陣をご紹介いたします。

伊藤笑子プロフ写真
日独小児靴学研究会 常任講師
伊藤 笑子 いとう えみこ マスターシューアドバイザー

ウェルネス&シューズサロン・フラウプラッツ 代表
京都市出身。2015年新潟医療福祉大学大学院修士課程修了。

従来の靴の販売方法に疑問を感じ、1991年大手有名婦人靴メーカーに勤務し、独自のパッキングワークとカウンセリング販売を行い好評を博す。シューフィッテングの更なる専門性を求めて、1992年よりドイツ・東京にてドイツ整形外科靴マイスターに師事し、靴医学を修得。

その後、自身の出産により、日本の子ども靴への認識の低さ、品質、販売方法を改革するため、1993年ヨーロッパから子ども靴を輸入し、カウンセリング販売を始める。また、子ども靴の正しい選び方の啓発活動のための執筆や講演を手掛ける。

1996年インターネット上に「子どもの足と靴の相談室」を開設し、「子どもの足の発達と靴選び」について国内初の専門ページを公開。子ども靴に特化した専門店フラウの経営と子どもの足の形態調査を行い、講演、研究および学術発表を続けている。

2015年保健学修士号を取得。日本靴医学会、日本子ども学会、会員。
2015年第11回日本整形靴技術協会学術大会において「子ども靴を考える-足の形成に良い子供靴とは-」のパネルディスカッションにて、日本を代表する子ども靴販売店のひとりとして登壇。
2016年日独小児靴学研究会、共同代表に就任。

監修書籍に「3歳までの子育ての教科書」(アスコム)の単元「子どもの健やかな成長は、靴選びから始まります!」、原著論文に「幼稚園児におけるアーチ形成過程の時系列的検討」、主なテレビ出演に毎日テレビ放送の「ちちんぷいぷい」、関西テレビの「痛快!エブリディ」などがある。

2万5000人以上の子どもの足に対するシューフィッテング実績を持つシューアドバイザーとして、子ども靴業界のパイオニアであり、整形靴技術者養成校や足育団体等の実技指導も行っている。

日独小児靴学研究会・公開セミナーとプライマリーコースでは、非医療現場の最前線である、子ども靴専門店からの見地として、足と靴の相談を受ける立場が果たす役割と実際の靴の適合チェック法、保護者に対するアドバイスにおいての注意点など、ご講義いただきます。

2016年2月11日 日独小児靴学研究会 公開セミナー
http://www.jagss.jp/pre_eve.html

 

『3歳までの子育ての教科書』 『3歳までの子育ての教科書』2 2012年12月 出版

 

2010.05.05.朝日新聞「くらし塾」2010年5月5日 朝日新聞「くらし塾」

2015.01.31.日本整形靴技術協会2015年1月30日31日 第11回日本整形靴技術協会学術大会
パネルディスカッション
「子ども靴を考える-足の形成に良い子供靴とは-」

関連記事

  1. テレビ告知:塩之谷 香先生 NHKで子供の足と靴選びの重要性に…
  2. 日独小児靴学研究会・講師紹介・その2
  3. 常任講師 OSM整形靴マイスター ルッツベーレより
  4. 小児靴学研修・基礎3 無事終了しました!
  5. 日独小児靴学研究会・講師紹介・その6
  6. 日独小児靴学研究会・講師紹介・その5
  7. 小児靴学プライマリー基礎2・ランチョンセミナー講師発表
  8. 日独小児靴学研究会・講師紹介・その1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP