ブログ

日独小児靴学研究会・講師紹介・その2

日独小児靴学研究会にご関心いただき、ありがとうございます!
当会の講師陣をご紹介いたします。

ベーレルッツ

日独小児靴学研究会 常任講師
ベーレ ルッツ(べーれ るっつ)整形外科靴マイスター

株式会社フィートバックCEO
ドイツ、オーバーハウゼン市出身。
1993年ドイツ・ハノーファーで整形外科靴マイスターの資格を習得。

本場ドイツ国内においても整形外科靴マイスターは4000人強しかいない希少職業の中で30年以上のキャリアを持つ。1999年来日後、数社の日本企業にて、技術指導にあたる。

2014年(株)フィートバックを設立。靴・インソール製作だけでなく、足病変全般に渡る特別講義、靴店コンサルティング、整形外科病院、皮膚科診療所などで医師と連携を図り、技術提携を行っている。

2015 年第29回日本靴医学会学術集会において、シンポジウム[マイスターから見た日本の靴医学]のシンポジストとして登壇。

糖尿病認定看護師や義肢装具士等、 医療資格者への技術指導だけでなく、小児の足に対しても、足と歩行の分析と靴・インソールの適合を行える数少ない整形外科靴マイスターである。

小児の足は、大人の足の判断よりもさらに難しく、出来上がった変形やトラブルに対するアインラーゲン(足底挿板)調整や靴加工とは違う知識と判断力が必要です。

 

日独小児靴学研究会・公開セミナーとプライマリーコースでは、足部解剖学の基礎から、採型採寸技術と観察・初期分析・評価、代表的小児足部変形の分析・評価などを講義だけでなく、実際の子どもさんをモデルに実技指導をしていただきます。

 2015.05.23.子ども足特別セミナー2015年5月23日 つくば子ども足特別セミナー

2015.10.18.足育研修会フットケア基礎セミナー
2015.10.18.足育研修会フットケア基礎セミナー22015年10月18日 足育研修会フットケア基礎セミナー

 

2015.11.22.日本靴医学会シンポジウム2015年11月22日 日本靴医学会シンポジウム
「マイスターから見た日本の靴医学」

関連記事

  1. 常任講師 OSM整形靴マイスター ルッツベーレより
  2. 日独小児靴学研究会・講師紹介・その6
  3. 小児靴学研修・基礎3 無事終了しました!
  4. 日独小児靴学研究会・講師紹介・その3
  5. 日独小児靴学研究会 小児靴学基礎3のご紹介
  6. 日独小児靴学研究会・講師紹介・その5
  7. 日独小児靴学研究会・講師紹介・その4
  8. 日独小児靴学研究会・講師紹介・その1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP