ブログ

小児靴学プライマリー基礎2・ランチョンセミナー講師発表

日独小児靴学研究会にご関心いただき、ありがとうございます!
当会の講師陣をご紹介いたします。

日独小児靴学研究会 ゲスト講師
大谷 知子
 おおや ともこ フリーランス 靴ジャーナリスト

埼玉県生まれ。早稲田大学卒業。
編集プロダクションを経て、靴業界誌『フットウエア・プレス』他、靴・皮革製品関連の出版物を編集・発行するぜんしん(現在は株式会社エフ・ワークス)に入社。『フットウエア・プレス』の編集・取材記者として、15年間勤める。その間、川上から川下まで、靴に関する様々な分野を取材。情報と知識を蓄積するとともに、靴ジャーナリストとしての視点を養う。

1993年、同社退社。靴業界誌の他、アパレル業界紙・誌、ビジネス誌に、靴をテーマにした記事を執筆。

1996年、靴ジャーナリストとして単行本『子供靴はこんなに怖い』を宙(おおぞら)出版から発行。これは靴業界誌記者時代から問題意識を持っていたテーマをまとめたもので、子供の足を健康に育てるのに重要な役割を果たすにもかかわらず、日本では軽視されている子供靴の重要性をアピールしたもの。マスコミが子供靴を取り上げる契機となった。
続いて、靴文化をアピールする靴専門誌『シューフィル(“靴愛好家”の意)』の創刊に参加。

1997年、『シューフィル』創刊。靴好きの消費者、業界人の注目を集める。「シューフィル」の主筆として、海外を含め、取材・執筆活動を行う。また、靴業界以外の専門誌などにも執筆、講演活動も行う。

2011年10月活動リセット、フリーランスとして再始動。

<著書>「子供靴はこんなに怖い」(宙出版)、「百靴事典」(シューフィル)

出典:大谷知子事務所プロフィール」より転載させていただきました.

 

1996年4月 出版 子供靴はこんなに怖い―おかあさんの靴選び、間違っています!

1996年4月出版〈現在は絶版〉
子供靴はこんなに怖い―おかあさんの靴選び、間違っています!

 

日独小児靴学研究会のプライマリー研修・基礎2の2日目
2016年8月11日(木/祝)(単日コースプログラム)のゲスト講師としてお招きいたします。

[ランチョンセミナー/靴ジャーナリスト]大谷 知子

『私が子ども靴の本を書いた訳』

靴が子供の発育に影響する!と警告した「子供靴はこんなに怖い」というセンセーショナルなタイトルの本が出版されたのが1996年。今から、丁度、20年前です。この20年、何度となく繰り返された「子どもの足と靴」についての啓発活動と靴業界の歴史を生き字引のごとく見てこられ、記事にしてこられた第一線の靴ジャーナリストの視点から、業界の問題点や消費者動向、子ども靴の変遷、現代における課題をご講義いただきます。

* * *
25年ほど前、ドイツを始めとするヨーロッパの高品質な子供靴が日本に輸入され始めました。

当時の先駆者たちは、
インポートの高品質な靴を販売するにあたり、
ヨーロッパの靴文化を学び、
ドイツの靴医学を学び、
子どもの足の成長と発達のプロセスを学び、
国産の靴では全くと言っていいほどなされていなかった、子どもの足に対する計測とカウンセリングとシューフィッテングを実践してきました。
 
当時の日本の市場のでの子供靴の価格帯は、2〜3,000円程度。
それが、インポートの子供靴だと12,800円くらい。
1万円以上する子供靴に何の意味と価値があるのか?
そのことを知っている人はほとんどいませんでした。
 
子どもの健康な成長と発達のために、
靴がとても重要な役割を持っていて、
いつも履く靴がどんなに足と姿勢と歩き方に影響を及ぼしていくか?
 
足と靴の大切さをお話しし、
ご納得いただくために、
ドイツ靴医学に基づいたフットプリントを採り、
足を見て、
歩き方を見て、
シューフィッティングをして、
 
ご両親と一緒に歩き方を確認して、
当時はひも靴しかなかったインポートの子供靴の履かせ方、
履き方をお教えし、
もう一度、靴の大切さをご説明する。
 
このひと通りの作業に、1時間かかることもありました。
子供靴1足を販売するのに、1時間です。
 
当時の、いや現在でも、
子供靴を1時間かけて販売するという方法は、
店舗の経営的には実はとても大変です。
 
意識高く、参入して来た店舗もデパートの売場も長続きせず、縮小、撤退していく様を何度も見てきました。
 
【小児靴学プライマリー基礎2・ランチョンセミナー】では、この20年間に何度となく繰り返された「子どもの足と靴」についての啓発活動と靴業界の歴史を生き字引のごとく見てこられ、記事にしてこられた第一線の靴ジャーナリストの視点から、業界の問題点や消費者動向、子ども靴の変遷、現代における課題をご講義いただきます。
 
そして、日本における新しい見地の「小児靴学」を元に、子どもの足と靴におけるスタンダードを構築し、今度こそ、日本に成熟した靴文化がきちんと根ざしますよう、研究会のメンバーとともに尽力して行きたいと思います。
 
日独小児靴学研究会
共同代表 伊藤笑子


「医療者のための、日独小児靴学・単日聴講コース」は、受付継続中です。

プライマリー・単日聴講コース お申込みフォーム

日独小児靴学研究会
日独小児靴学研究会
の《小児靴学・プライマリー全日程コース》は、専門者としての先人たちの30年の投資と継続と実績を元にした「一年で基礎を体系的に学べるプログラム」にて、しっかりと体系立てて修得していただけるよう組み立てています。
足部解剖学の基礎的な知識だけでなく、実際に子どもたちにも参加してもらう実技演習があります。
大人の足の評価や対処とは違う、小児の足に特化したプログラムです。

子どもの足と靴に関するセミナーは、単発的なのものや医療監修されていない一般向けの入門編的なものは散見されますが、専門者向けの科学的検証に基づいたコース立ての研修は、日本にはありません。

子どもの足にかかわるすべての人たちに小児靴学を学んでいただき、ご参加の皆さんと共に「子どもの足と靴のガイドライン」を構築し、発信して行きたいと思います。

プライマリー全日程修了者には、修了認定書をお渡しします。
また正会員の資格を取得の上、【アドバンス】とブラッシュアップ研修に参加可能となります。

子どもの足の成長と発達と子ども靴についての専門的見地を持ち合わせた日独小児靴学研究会正会員の誕生にご期待下さい。

■ 日独小児靴学研究会ホームページ
■ プライマリー概要

プライマリー・単日聴講コース お申込みフォーム

【常任講師】
塩之谷 香(整形外科医)
整形外科医からの見地として、外来での診察基準、小児の下肢についての様々な症例、外科的処置と保存療法の検討、専門職連携システム、医療と非医療の棲み分けについて、etc…
子どもさんにご協力いただき、診断のデモもしていただきます。

ベーレ ルッツ(整形外科靴マイスター)
マイスターからの見地として、足部解剖学や機能学、フットプリント、スタティックとダイナミックの観察と評価など、医療と非医療をつなぐ整形靴技術の元となる知識を系統立て、座学だけでなく、子どもさんにご協力いただき、実技指導もしていただきます。

伊藤 笑子(マスターシューアドバイザー)
シューアドバイザーの見地から、子どもの足をファーストシューズという入口の段階から、非医療としてかかわり、足と歩行と靴の適合をどのように考えるか?市販の靴の評価、適合判断の仕方。
成長発達の中で発生するトラブルに対して、医療にバトンタッチできるスクリーニングスキルをどう身につけるか?保護者に対して、実際にどういう説明が必要かつ有効かのカウンセリング方法など、座学だけでなく、子どもさんにご協力いただき、実技指導もしていただきます。

【ゲスト講師】
吉村 眞由美(靴教育学者)
シューエデュケーター養成者の見地から、
『子どものための靴教育・シューエデュケーション®ー他業種連携のために必要な知識ー』

松田 隆(小児科医)
歩育を実践し、子どもたちの足を見てきた経験から、
『小児科医が提唱する子どもの健やかな成長発達を促す取り組みー土踏まずの形成からみた足元からの健康づくりー』

多和田 忍(小児整形外科医)
障害児診療と小児リハビリを積極的に行う小児整形外科医の見地から、
『発達障害・ダウン症・各種運動障害を持つこどもたちの、運動発達・姿勢・歩行の特徴』

◉その他の先生方も交渉中です。

【プレゼンテーター】
◉ベーレ 操(日独通訳者)
渡独後、ドイツ医療制度の恩恵を直に体験した見地から、
『ドイツ小児靴教育文化Ⅱ』として、足靴を囲む職業連携とその歴史と最新独事情や小児足靴教育事情など、ランチョンセミナーとしてお話いだきます。

【トピックス】
研修期間中の11月末〜12月初旬には、ドイツ研修を実施します!
通常では見学できない障害児幼稚園施設、OSM子ども靴専門店の見学とセミナー、こ の時期のドイツ必見のデュッセルドルフとブレーメンのクリスマスマルクト観光も入った豪華研修です。

ドイツクリスマスマーケット

関連記事

  1. 公開セミナー参加申込締切日のお知らせ
  2. 医療者のための、日独小児靴学・単日聴講コースのご案内・その2
  3. 『フットウエアプレス』に掲載されました
  4. 第二期小児靴学プライマリー研修基礎2のご報告
  5. 小児靴学プライマリー全日程コースのお申込み状況・その3
  6. 日独小児靴学研究会・講師紹介・その6
  7. 2017年度小児靴学研修プライマリー全日程コースのご紹介
  8. 小児靴学プライマリー全日程コースのお申込み状況

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP